各国語で「どうぞ」が言えればいい

先日見たテレビで、とあるお店のお母さんが、海外のお金に困る留学生たちに「どうぞ」と言って美味しいものを作っていると。

もちろん各国語でそれだけは言うのだそうですが、ふ~ん、それはいいなと私は思う。

英語だけでもかなり通じるけど、そして、彼らにはできるだけ日本語で話しかけるのがお役目なれど、たまには私も彼らの言葉を使いたい。

というわけで、これまでの「どうぞ」を書き出してみたのです。

ドイツではBitte、英語ではもちろんPlease、フランス語では、Sil Vous plait. ポル語ではPor favor, 中国語では、清、マレー語ではSila、そして、今の子、サウジでは、テファザル。

次来る子はスペイン語?

覚えるのが大変で、壁に書いて張り出しました。

我が家のリビングでは毎日のように彼らと食事をいたします。

さぁ、毎日「どうぞ」といえば、おぼえられるのでしょうかしらね。